敏感肌でも安心の美白化粧水ランキング!美白効果と肌への優しさで人気の化粧水

シミ・そばかすケアに欠かせない美白化粧品。

でも「美白効果が高いものは肌に刺激を感じやすい」傾向があるため、敏感肌さんの場合なかなか肌に合う美白化粧品に出会えない、美白ケアを続けにくい、という人が少なくありません。

とくに美白化粧水は付けた瞬間にピリピリしみたり、激しい乾燥を感じたりする人も。

ちょこ
たしかに美白化粧水ってちょっと刺激が強かったり、乾燥しやすかったりするんですよね…。

はるこ
そうね、でも「敏感肌だから美白ケアはムリかも…」と諦める前に、ぜひこの記事を読み進めてみて!

この記事では、

  • 敏感肌さんが美白化粧水を選ぶときのポイント
  • 敏感肌さんでも安心して使えるおすすめ美白化粧水

などをご紹介します!

敏感肌さんの美白化粧水の選び方

美白有効成分の中には肌への刺激が強いものがあるため、健康な肌質の人でもピリピリしみたり、乾燥を感じたりすることがあります。

より刺激に弱い敏感肌さんの場合、シミ対策がしたくても自分に合う美白化粧水がなかなか見つけられず、美白そのものを諦めてしまうことも。

でも実は、敏感肌さんでも選び方次第で無理なく美白ケアができるんです。

敏感肌さんの美白化粧水の選び方

  • どんな美白有効成分が入っているかチェック!
  • 高保湿の美白化粧水を選ぶ
  • 敏感肌向けブランドの美白化粧水から試してみる

これらの選び方のポイントについて、もう少し詳しくみてみましょう。

どんな美白有効成分が入っているか?

美白化粧水を選ぶ際には、まずどのような美白有効成分が入っているかをチェックしましょう。

美白有効成分とは、厚生労働省が「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」効能があると認めた成分のことです。

はるこ
美白有効成分が配合された美白化粧水は「医薬部外品(薬用化粧品)」として販売されていますよ。
  • それぞれの美白成分の特徴をかんたんに把握しておく
  • 過去に合わなかった美白成分とは別の成分を試してみる

これだけで、自分に合う美白化粧水に出会える可能性がグンと高くなります!

現在認可されている20種類近くの美白有効成分のうち、代表的なものは以下の5つです。

アルブチン

コケモモなどから抽出された美白成分で、メラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害します。

紫外線などによって刺激を受けた肌が過剰なメラニンを作らないよう作用するので、シミ・ソバカスを防ぐ効果があります。

ビタミンC誘導体

ビタミンCの吸収性や安定性などの欠点を改善し、化粧品に配合しやすく、肌に浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。

メラニンの還元&淡色化作用、抗酸化作用の美白効果のほか、コラーゲンの生成を助ける、ハリをもたらすといった働きがあり、さまざまな美容効果が期待できます。

皮脂を抑える働きもあるので、ニキビケア化粧水などにもよく配合されていますが、敏感肌さんにとっては「乾燥しやすさ」を感じる可能性があります。

トラネキサム酸

メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトの働きを活性化を抑えることでメラニンの生成を防ぎシミ・そばかすを予防してくれる美白有効成分です。

化粧品の成分としてだけでなく、肝斑改善の飲み薬としても使われています。

プラセンタエキス

牛や豚など、動物の胎盤から抽出された成分で、アミノ酸・ミネラルなどさまざまな栄養が含まれます。

美白有効成分としてのメラニン生成抑制作用のほか、肌の代謝を促進しターンオーバーを整えるはたらきがあり、肌内部で作られたメラニンが正常に排出されることで色素沈着を防ぎシミ・そばかす予防にもつながることでも知られています。

肌にハリを与えるはたらきから、エイジングケア化粧品に用いられることも多い成分です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは美白ケア美容液やスポットクリームなどによく配合されていますが、厚生労働省の認可を受けた美白有効成分ではありません。

しかし、アメリカでは長年シミやそばかすのケアに使われている成分で、日本でも美容医療や美容皮膚科で使用され、「肌の漂白剤」と呼ばれるほどの作用があります。

非常に高い美白作用がありますが、肌への刺激が強い点には注意が必要です。

特に敏感肌さんがハイドロキノン配合の美白アイテムを選ぶ場合は、できるだけ配合濃度の低いものから試してみることをおすすめします。

はるこ
ここで挙げた代表的な5つのほかにも、各化粧品メーカーが独自に研究開発したルシノール、カモミラET、4MSK、リノレックS、PCE-DPなど、さまざまな美白有効成分がありますよ。

高保湿の美白化粧水を選ぶ

敏感になっている肌は、乾燥によって肌のバリア機能が低下している状態。

そのため、外部からのちょっとした刺激にピリピリしたりかゆみを感じたりすることがあります。

たっぷりとうるおいを与えて肌を乾燥から守ることで、肌のバリア機能を整えて刺激に強い状態へと近付けることができます。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分が配合されている「高保湿タイプのもの」を選ぶのも、敏感肌さんの美白化粧水選びの大切なポイントです。

敏感肌向けブランドの美白化粧水を試す

どんな化粧品も安全性に気をつけて作られているものですが、敏感肌さんの場合は「健康な状態の肌なら刺激にならない成分でも刺激や肌荒れの原因になってしまう」ことがあります。

できるだけ肌に負担がかかる成分の少ない「低刺激処方」や「無添加処方」の美白化粧水を選びましょう。

また、最近は敏感肌向けに作られた美白化粧品も増えているので、まずは敏感肌向けブランドの美白化粧水から試してみるのも賢いチョイスです。

敏感肌にオススメの美白化粧水ランキング

敏感肌さんにオススメの美白化粧水TOP5を

  • 配合されている美白有効成分
  • 保湿力の高さ
  • 無添加や低刺激処方など肌へのやさしさ

の3つのポイントと、口コミの評判の良さで選んだランキング形式でご紹介します!

サエル ホワイトニングローション コンセントレート

\敏感肌専門ブランドの美白ケア/

source:DECENCIA

商品詳細

  • ブランド名:ディセンシア
  • 商品名:サエル ホワイトニングローション コンセントレート
  • 価格:5,500円(税込)
  • 内容量:125ml
  • 美白成分:アルブチン

公式サイトはこちら

ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌専門ブランドのディセンシアが着目した「敏感肌ならではのシミメカニズム」に基づいて開発された美白ローションです。

美白有効成分「アルブチン」が、シミができる前に先回りしてメラニンの生成を抑え、明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

人の肌に本来存在しているセラミドと同じ構造のヒト型セラミド」配合で、たっぷりとうるおいに満ちた状態をキープ。

合成香料不使用、無着色、アレルギーテスト済み*です。

*全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません

サエル ホワイトニング ローション コンセントレートの口コミ

 

敏感肌の私が安定して使えている数少ない美白化粧水です。初めて1本使い切ったときに、肌のシミが気にならなくなってきていると感じてからずっとライン使いしてます。乾燥が激しい私の肌にもぐんぐん浸透して保湿力もバッチリです。(30代後半/敏感肌)

 
敏感肌のための美白ケア、という謳い文句に惹かれて買ってみました。私にはかなり合っている感じがしてて、以前のような顔のくすみがなくなってきました。実際に友人にも「肌きれいになったね〜」と言われて、絶対リピートしようと思っています。(30代前半/敏感肌)

敏感肌専門ブランドの美白化粧水であることに安心感と信頼感を持つ人が多く、「敏感肌でもしっかり美白ケアできるんだ!」という喜びの声が多く見られました。

美白化粧品は刺激がつよい、乾燥しやすい、といったイメージを覆すくらいのしっとり感があるのが、敏感肌さんにとって嬉しいポイント。

美容液やクリームと合わせてライン使いすることで、より一層効果の実感を期待できますよ!

公式サイトを見る

肌潤美白化粧水(米肌)

\美白成分+ライスパワー/
米肌美白source:Maison KOSÉ

商品詳細

  • ブランド名:米肌(まいはだ)
  • 商品名:肌潤美白化粧水【医薬部外品】
  • 価格:6,050円(税込)
  • 内容量:120mL
  • 有効成分:トラネキサム酸

公式サイトはこちら

米肌(まいはだ)の肌潤美白化粧水は、美白有効成分トラネキサム酸がシミの発生原因にアプローチしてシミを未然に防ぐ化粧水です。

保湿力に優れたライスパワーNo.7も配合されており、乾燥でくすみがちな肌にたっぷりのうるおいを与えてくれます。

その他にも、米ぬか酵素分解エキスやイネ葉エキス、ハトムギ発酵液など、さまざまな透明感アップ成分の組み合わせが複合的に働きかけ、くすみをケアしてなめらかな明るい印象の肌に導きます。

無香料/タール系色素フリー/鉱物油フリー/石油系界面活性剤フリーといった無添加要素も注目ポイントです。

米肌 肌潤美白化粧水を使った人の口コミ

しっとり感が長持ちする美白化粧水はなかなかないので気に入っています。だんだんと肌のトーンが明るくなってきたような気がします。無香料なのも個人的には重要。(40代前半/敏感肌)

ベタつかないけど、うるおい感はバッチリ。最初は日焼け後の集中ケア用に買ったのですが、今は年間を通して頼りにしています。(30代前半/乾燥肌)

公式サイトを見る

アドライズ アクティブローション(大正製薬)

\美白×保湿の有効成分配合/

アドライズ 化粧水
source:TAISHO Beauty

商品詳細

  • ブランド名:アドライズ
  • 商品名:アドライズ アクティブローション【医薬部外品】
  • 価格:3,630円(税込)
  • 内容量:120ml
  • 美白成分:プラセンタエキス

公式サイトはこちら

大正製薬のアドライズ アクティブローションは、美白有効成分「プラセンタエキス」薬用保湿成分「ヘパリン類似物質」配合で、美白ケアと乾燥対策を同時にかなえてくれる高保湿美白化粧水です。

アミノ酸やセラミド、リピジュアなどの保湿成分もたっぷりで、超乾燥肌でもしっとりモッチリとうるおいに満ちた仕上がりに。

無鉱物油、無香料、合成着色料フリー、石油系界面活性剤フリー、エタノールフリーなど、肌への優しさを考えた低刺激処方です。

アドライズ アクティブローションの口コミ

 

美白と保湿の薬用化粧水というのに惹かれました。高保湿化粧水というわりにはサラッとした使い心地で重くありません。でもさすがのしっとり感で満足です。美白効果はまだ実感がありませんが、これなら使い続けられそうなのでもう少し様子を見たいです。(30代前半/敏感肌)

 
肌にしっかりとしみ込む感じで保湿力が高いです。昔からよく皮膚科でヘパリン類似物質の保湿剤をもらっていたので、安心感があります。少しずつ肌が安定してきて、透明感が出てきたかも。しばらくリピします。(20代後半/敏感肌)

公式サイトを見る

ホワイトニングクリア ローション MB(dプログラム)

\透明美肌に導くローション/

dプログラム ホワイトニングクリア ローション MB
source:資生堂

商品詳細

  • ブランド名:dプログラム
  • 商品名:ホワイトニングクリア ローション MB【医薬部外品】
  • 価格:4,290円(税込)
  • 内容量:125mL
  • 美白成分:トラネキサム酸

公式サイトはこちら

資生堂のデリケートな肌向けスキンケアシリーズ「dプログラム」の薬用美白化粧水です。

肌で働く「美肌菌」に着目し、すこやかな美肌を育みながら肌本来の力を引き出す敏感肌ケアが特徴。

美白有効成分トラネキサム酸が顔全体の印象を左右するシミ・そばかすを防いでくれるだけでなく、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムが赤っぽくなりがちなニキビや肌あれを防ぎ、キメの整った透明感のある肌に導いてくれます。

デリケート肌を考えた低刺激設計、敏感肌の人の協力によるパッチテスト済みなのは、さすが資生堂の安心感です。

dプログラム ホワイトニングクリアローションMBの口コミ

美白化粧水にありがちなアルコール臭はなく、敏感肌でニキビができやすい私にも使えます。肌によくなじんで、しっかりと保湿してくれる感じがあります。(30代前半/敏感肌)

敏感肌でニキビができやすく、ニキビ跡の赤みや色素沈着が気になっていたので美白効果もあるこの化粧水を使ってみたところ、赤みはだんだん引いてきました。ニキビになりにくい処方のためか、ニキビもかなりできにくくなりました。(20代前半/敏感肌)

公式サイトはこちら

ホワイトニング化粧液Ⅱ(ファンケル)

\無添加といえばファンケル/

source:FANCL

商品詳細

  • ブランド名:ファンケル
  • 商品名:ホワイトニング化粧水II【医薬部外品】
  • 価格:1,870円(税込)
  • 内容量:30mL
  • 美白成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

無添加スキンケアで有名なファンケルの美白化粧水です。

美白有効成分のビタミンC誘導体が持続的に働いてメラニンの生成を防ぎつつ、こだわりの植物エキスが肌状態をすこやかに保ち、くもりのない透明肌へ導いてくれます。

ファンケルこだわりの5つの無添加(防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤 不使用)で肌へのやさしさも◎!

ファンケルホワイトニング化粧水Ⅱの口コミ

 

美白ケアはしたいけどなかなか肌に合うものが見つからない中、ファンケルの美白化粧水は刺激も感じず使えています。シミはまだ消えていませんが、透明感は出ました。このまま継続したいと謂います。(40代後半/敏感肌)

 

保湿感も高くてとてもいいです。無添加といえばファンケルという安心感も嬉しい。長年愛用しています!(乾燥肌/30代前半)

公式サイトを見る

【プチプラ】敏感肌におすすめの美白化粧水3選

続いて、ドラッグストアなどで買えるプチプラ価格の美白化粧水の中で、敏感肌さんにもおすすめの3アイテムをご紹介します。

美白ケア化粧水 III(キュレル)

source:キュレル

商品詳細

  • ブランド名:キュレル
  • 商品名:美白ケア化粧水 III【医薬部外品】
  • 価格:2,300円(税込)(編集部調べ)
  • 内容量:140ml
  • 美白成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

乾燥性敏感肌向けブランドとして、CMでもおなじみのキュレル。美白ケア化粧水Ⅲはいちばん保湿感の高い「とてもしっとりタイプ」です。

美白有効成分のビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)が、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防いでくれます。

さらに、セラミドやユーカリエキスがたっぷりとうるおいを与え、外部刺激の影響を受けにくい健やかな肌へと導いてくれるのが特徴です。

無香料、無着色、エチルアルコールフリーで、乾燥性敏感肌の人を対象にしたパッチテストも実施済み。どこのドラッグストアでも手に入るのも嬉しいポイントです。

キュレル美白ケア化粧水Ⅲの口コミ

 

キュレルは長年愛用していますが、最近美白シリーズに乗り換えました。価格も高くないので、バシャバシャ使えるし、キュレルブランドの安心感がすごい。どっしりした油分とか、強い香りとかが一切なく、肌の一部として溶け込んでくれる感じがして気持ちいいです。(20代後半/敏感肌)

 

キュレルやミノン、アルージェをローテーションで選んでいますが、ここしばらくは美白ができるこちらをリピート中です。使い心地が3種類から選べるので、超乾燥肌の私にもありがたいです。乳液とクリームもセットで使っています。(30代前半/乾燥肌)

公式サイトを見る

敏感肌用薬用美白化粧水 高保湿タイプ(無印良品)

source:無印良品

商品詳細

  • ブランド名:無印良品
  • 商品名:敏感肌用薬用美白化粧水 高保湿タイプ【医薬部外品】
  • 価格:1,290円(税込)
  • 内容量:200ml
  • 美白成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

岩手県釜石の天然水を使用した無印良品の美白化粧水です。

美白成分のビタミンC誘導体が配合されているので、紫外線によるダメージを抑えつつシミ・そばかすを防いでくれます。炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kも配合されていて、トラブルを起こしやすい敏感肌のにピッタリです。

価格がリーズナブルで、通常サイズのほか携帯用ミニサイズや大容量サイズがあるので、気軽に試してみたい人やお得に使い続けたい人にも嬉しいですね。

無印良品敏感肌用薬用美白化粧水の口コミ

 

化粧水は高いものをちびちび使うより安いものを遠慮なくバシャバシャ使いたいのでこれを選びました。高保湿タイプというだけあって、かなりしっとり感高めですがベタつくこともなく肌なじみは良いです。美白の実感は使い続けないと分からないかも?(30代前半/敏感肌)

 

美白用の化粧水はアルコールの強いものが多くて、付けたとたんにヒヤッとするので、今まで使うことができませんでしたが、この化粧水は大丈夫でした。ピリピリすることもなくとてもしっとり潤います。(20代後半/乾燥肌)

公式サイトを見る

美白化粧水W(ちふれ)

source:ちふれ

商品詳細

  • ブランド名:ちふれ
  • 商品名:美白化粧水W【医薬部外品】
  • 価格:1,210円(税込)

プチプラながらも、アルブチンと安定型ビタミンC誘導体の美白有効成分W配合で、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防いでくれる薬用化粧水です。

ヒアルロン酸とトレハロースなどの保湿成分も豊富で、たっぷりとうるおいを与えつつ肌のキメを整えます。

アルコールフリーなので、肌に優しい点も敏感肌さんには嬉しいポイントですね。

ちふれ美白化粧水Wの口コミ

 

正直なところ美白効果はまだあまり感じていませんが、たっぷり使えるお手頃価格なのがいいですね。ほのかに香る柑橘系っぽい香りもお気に入りです。(30代後半/乾燥肌)

 

地味だけど頼りになる化粧水です。このプチプラで美白成分がW配合なのも贅沢感があります。(20代前半/敏感肌)

 

公式サイトを見る

知っておきたい!敏感肌の美白ケアのコツ

敏感肌さんは外部刺激の影響を受けやすく、シミができやすい状態です。あらためて美白ケアのコツをおさらいしておきましょう!

紫外線対策は徹底的に!

シミやくすみは年齢的な問題だけでなく、紫外線による肌ダメージが大きく影響しています。

特に敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下している状態なので、紫外線の影響をより受けやすくなってしまっています。外出するときはできるだけ日焼け止めやUV効果のあるBBクリームなどで肌を守るように心がけましょう。

はるこ
SPFやPAの値が高くなるほど紫外線ブロック効果は高くなりますが、日常的な紫外線対策なら使用感と肌へのやさしさとのバランスを考えてUVケアアイテムを選びたいですね!

アッキー
無香料・無着色のものや、肌に負担となりがちな紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを選ぶのも敏感肌さんにとっては大切かもしれません。

しっかり保湿して肌力をアップ

乾燥肌・敏感肌の人が肌トラブルを起こしやすい原因の1つが、肌表面の角質層が乱れてバリア機能が低下していることです。

肌のバリア機能を回復させるためには、しっかりと水分を与えて保湿することで肌の基礎力をアップさせることが大切です。

セラミドやヒアルロン酸など、水分をたっぷりと肌にとどめてくれる保湿成分が配合された化粧水でうるおいを与え、水分ができるだけ蒸発しないよう乳液やクリームで肌表面を油分でフタをすることも忘れずに!

美肌につながる食事や生活習慣を

自分に合ったスキンケアアイテムを選び、毎日しっかりお手入れすることももちろん重要ですが、肌にいい食事を摂ることで内側からケアすることも非常に大切です。

美肌に効果的な栄養素の例は、以下のようなものです。

  • 動物性タンパク質…肌を構成する栄養素
    例:肉・魚・卵
  • ビタミンA…皮膚・粘膜を健康に保つ
    例:レバー・卵など
  • ビタミンB…皮膚・粘膜を健康に保つ
    例:レバー、乳製品、卵
  • ビタミンC…コラーゲンを合成し、メラニンの生成を抑える
    例:果物(柑橘類・キウイ・いちご)、ブロッコリー、ピーマンなど
  • ビタミンE…抗酸化作用、血行を促進する
    例:ナッツ類、アボカドなど
  • ミネラル…体内の水分バランスを保つ、角質細胞を作るときに必要
    例:ミネラルウォーター、海藻類など

はるこ
これらの栄養素が不足すると、少なからず肌に影響が出てきてしまいます。食生活が乱れてるな…というときはサプリメントで補うのもよいですよ。

また、睡眠不足や喫煙は、肌のターンオーバーを滞らせると言われています。睡眠は、肌の生まれ変わりに必要な成長ホルモンの分泌に欠かせません。毎日最低でも6時間以上は睡眠を取るように心がけてみてください。

まとめ:敏感肌でも諦めない!自分に合う美白化粧水を

この記事では、敏感肌さんにおすすめの美白化粧水や、知っておきたい美白ケアの基礎知識をご紹介してきました。

なかなか自分に合う美白化粧水が見つからない…という人は、ぜひ参考にしてください。
おすすめ美白化粧水ランキングをもう一度見る

いつも使っている化粧品が肌に合っている場合は、普段のお手入れにプラスαする形で美白美容液を取り入れるのもひとつの手です。

美白美容液おすすめランキングTOP5!自分に最適なシミ対策美容液選び

敏感肌でも、美白ケアを諦める必要はありません。自分の肌に合う美白化粧水を探してみてくださいね。

 

 

feature

特集記事