人気プチプラ美白化粧水ランキング|ドラッグストアで買えるおすすめ10選

シミ・そばかすが気になる」「そろそろちゃんと美白ケアしたい」…だけど、コスメにあまりお金は掛けられくて、デパコスには手が届かない、と悩んでいませんか。

最先端の研究開発や高価な原材料というコストがかかっているデパコスならではの価値はもちろんありますが、必ずしも「美白化粧水は高いほどいい」とは言えません

ドラッグストアで買えるプチプラの化粧水の中にも、美白有効成分が入った美白化粧水はあります。あまりお金をかけず美白ケアがしたいなら、そんな化粧水を選びましょう。

undefined

ちょこ
「美白」っぽいイメージの化粧水はたくさんあるけれど、店頭でどれを選んだらいいかわからないんですよね…

はるこ
配合されている美白有効成分の種類をチェックすることが大切ですが、それ以外にも、乾燥肌であれば保湿成分が入っているものなど、肌質に合わせて選ぶといいですよ。

この記事では、美白有効成分の働き美白化粧水の選び方を解説して、ただ安いだけではなく、コスパが良く、プチプラでも優秀な美白化粧水をランキング形式で紹介します。

「ドラッグストアのプチプラ美白化粧水ってどれを選べばいいの?」と悩んでいるなら、ぜひチェックしてみてくださいね。一日も早く美白ケアを始めて、明るく透明感のある肌を目指しましょう。

⇒ プチプラ美白化粧水おすすめランキング10選をチェック!

美白化粧水と言えるのはどんな化粧水?

「美白化粧水」という言葉はよく聞きますが、どういう化粧水が「美白化粧水」と言えるのでしょうか。

これには厳密な決まりがあり、「美白有効成分」が一定量配合された化粧水だけが美白化粧水と名乗れます。

美白有効成分とは、厚生労働省に認可された「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」効果が期待できる成分です。

美白有効成分が入っていないのに「美白化粧水」と表記することはできません。

そして、有効成分が一定量以上配合された化粧品には「薬用」「医薬部外品」と記載されるので、美白化粧水はかならず薬用(医薬部外品)であるわけです。

undefined

ちょこ
「薬用」と「医薬部外品」って何が違うんですか?

はるこ
医薬部外品には、育毛剤、染毛剤、浴用剤などがあるのですが、そのうち、石鹸、美容液、化粧水などを薬用化粧品と言います。

undefined

ちょこ
なるほど、医薬部外品のうち化粧品だけを「薬用化粧品」と呼べるわけですね。

美白有効成分の種類と作用

一口に「美白有効成分」といっても、種類によって働きが異なります。一般的にシミ対策に有効とされている作用は以下の3つです。

  1. メラニンを還元する作用
  2. メラニンを排出する作用
  3. メラニンの生成を抑える作用

いまあるシミを何とかしたいならメラニンを還元・排出する作用がある成分、シミを予防したいならメラニンの生成を抑える作用のある成分の入った美白化粧水がおすすめです。

以下に、代表的な美白有効成分とそれぞれの働きを紹介します。

【1】アルブチン

アルブチンはチロシナーゼ(酵素)の働きを抑えることで、メラニンの生成を抑制する美白有効成分です。

コケモモやウワウルシ、梨などの植物から抽出したものを「βアルブチン」、ハイドロキノンとブドウ糖を結合し安定化させたものを「αアルブチン」と呼びます。

アルブチンは角層に浸透してから、その一部がハイドロキノンと同じ働きをするといわれていますが、ハイドロキノンに比べ刺激が少なく使いやすい成分です。

αアルブチンとβアルブチンの違いは?

植物生まれのβアルブチンの方が歴史が古く、一般的に「アルブチン」と表記されているのはβアルブチンのことです。

 

一方αアルブチンは江崎グリコが配糖化酵素を利用して開発した成分。肌への親和性が高く、βアルブチンよりも10倍美白効果が高いとされています。

 

アルブチン配合の美容液を選ぶときは、できるだけ成分表記に「αアルブチン」とあるものを選ぶと良いでしょう。

  • 今あるシミへの効果…△
  • シミになりにくくする効果…◎

【2】トラネキサム酸

トラネキサム酸は、皮膚が刺激を受けたときにできる情報伝達物質の発生を抑え、メラニンの生成を抑制する美白有効成分です。

止血作用・抗炎症・抗アレルギー作用があり、もとは湿疹や炎症の治療薬として使われていました。その後、肝斑(かんぱん)の改善効果が認められ、シミそばかす、肝斑の治療への使用が始まりました。

今は市販やクリニックの内服薬の他、美容液などに配合される医薬部外品の美白成分としても利用されています。

  • 今あるシミへの効果…△
  • シミになりにくくする効果…◎

※内服した場合は、今ある肝斑の改善に〇です。ただし内服には副作用もあるので注意が必要です。特に、ピルを服用中の人は使用前に必ず医師に相談しましょう。

【3】プラセンタエキス

プラセンタエキスは、チロシナーゼ(酵素)の働きを阻害してメラニンの生成を抑制する美白有効成分です。

馬・豚など動物の胎盤から抽出されるプラセンタに含まれている成長因子には、肌代謝の促進、抗炎症作用、活性酸素の除去作用などがあるといわれています。

また肌への刺激が少なく保湿効果バリア機能を整える効果も。美白だけではなく、総合的に美肌に導く成分だといえます。

※ヒトの胎盤から採れるプラセンタはクリニックのみで取り扱う医薬品です。

  • 今あるシミへの効果…△
  • シミになりにくくする効果…◎

【4】ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制・還元する美白有効成分。本来は不安定で酸化しやすいビタミンCを、安定して届く形にしたものがビタミンC誘導体です。

美白効果の他にも皮脂分泌の抑制、肌代謝の促進、肌にハリを与えるなど、さまざまな美容効果に期待ができるといわれています。皮脂の分泌が抑えられるため、ニキビケアにも向いています。

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、最新型(水溶性・油溶性の両方の性質を有するもの)の3種類があり、特徴は以下の通りです。

水溶性 おもに化粧水・美容液など水ベースのものに配合されています。浸透が早くなじみが良いこと、手ごろな価格がメリットですが、刺激が強く、人によっては乾燥しやすいのも特徴です。
油溶性 水溶性ビタミンC誘導体に油分を結合させたもので、おもにクリームやゲル、オイルベースの美容液などに配合されています。浸透がゆっくりですが、肌への刺激が少なく、乾燥しにくいメリットがあります。
最新型 水にも油にもなじむので、ざまざまな化粧品に配合できます。刺激が少なく、浸透力はなんとビタミンCの100倍ともいわれています。

水溶性ビタミンC誘導体の例

  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
  • リン酸アスコルビルNa(APS)
  • リン酸アスコルビルMg(APM)

油溶性ビタミンC誘導体の例

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル
  • テトライソパルミチン酸アスコルビル
  • テトラリン酸アスコルビル

最新型ビタミンC誘導体の例

  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)
  • イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)
  • 今あるシミへの効果…〇
  • シミになりにくくする効果…◎

【5】4MSK

資生堂が開発した医薬部外品有効成分で、サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称です。

チロシナーゼ(酵素)の活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出する効果を持ちます。

  • 今あるシミへの効果…〇
  • シミになりにくくする効果…◎

はるこ
いまあるシミを何とかしたいならメラニンを還元・排出する作用がある成分、シミを予防したいならメラニンの生成を抑える作用のある成分の入った美白化粧水を選びましょう。

⇒ プチプラ美白化粧水おすすめランキング10選をチェック!

美白化粧水を選ぶときはここをチェック!

「目的に合った美白成分が入っている薬用の美白化粧水を選べばいいのね!」というのは正しいのですが、美白化粧水を選ぶときにチェックしたいポイントはほかにもあります。

具体的には、以下の4つのチェックポイントを満たしている美白化粧水がおすすめです。

  • 美白有効成分が入っているもの
  • 自分の肌質にあったもの
  • 好みのテクスチャーや香りのもの
  • 使い続けられる価格のもの

美白有効成分が入っているもの

薬用化粧品(医薬部外品)の美白化粧水は、厚生労働省に認可された美白有効成分が一定量(美白効果に期待ができる量)配合されています。

ただし、薬用(医薬部外品)=美白というわけではありません。有効成分にはさまざまな種類があり、美白有効成分以外にも、「肌あれを防ぐ」「皮膚にうるおいを与える」働きをする有効成分もあるからです。

はるこ
例えば、抗炎症作用のあるグリチルリン酸ジカリウムという有効成分があります。これが一定量配合されている化粧水は薬用(医薬部外品)ですが、美白成分も入っているとは限りません。

なので、美白化粧水を選ぶときには「薬用(医薬部外品)」と書いてあるのはもちろん、上で解説したような美白成分が有効成分として記載されているかもチェックしましょう。

また、保湿成分がしっかり配合されている商品もおすすめです。

自分の肌質に合ったもの

美白化粧水はたくさんの種類がありますが、大切なのは自分の肌質に合うものを選ぶことです。乾燥肌なのか、それともオイリー肌なのか、普通肌なのか。

自分の肌質を見極め、それに合った美白化粧水を選ぶようにしてください。

また、美白化粧水に限らず、肌に付ける商品は人によって刺激を感じることがあります。香料や防腐剤、エタノールなど肌質に合わない成分がある人は充分に注意しましょう。

化粧品の成分表記は配合量の多い順に記載されますが、医薬部外品はその限りではありません。分からないときはメーカーのお客様相談室に問い合わせると教えてもらえます。

undefined

ちょこ
気になる化粧品があったら、実際に使ってみた人の口コミをチェックしましょう。そのときに、自分と同じ肌質(乾燥肌なら乾燥肌の人)の口コミを参考にするとよいですよ。

好みのテクスチャーや香りのもの

使い続けるにはテクスチャ―も大切です。化粧水であれば、パシャパシャしたもの、とろみがあるもの、ひきしめ感のあるものなど。好みのテクスチャーは使うたびにリラックス効果を得られ、気持ち良く使い続けられます。

また、好みの香りのものは毎日のお手入れが楽しくなることでしょう。化粧水は毎日使うものだからこそ、使用感や香りにもこだわりたいところですね。

アッキー
ローズやラベンダーなどの天然の植物本来の香り(アロマ)は、脳にダイレクトに情報が伝わるとも言われています。

使い続けられる価格のもの

どんなスキンケア商品も、ある程度の継続があってこそ実感が得られるもの。そのためには、無理なく使い続けられる価格のものを選びましょう。

化粧品は目安となる使用量が定められています。「高額なデパコスの化粧水を買ってみたけれど、もったいないからチビチビ使う」というのでは、あまり意味がありません。

化粧品にかけられるお金は人それぞれですが、自分にとって効果と価格と効果のバランスに納得できる化粧水を選ぶことをおすすめします。

はるこ
ドラッグストアで買えるプチプラ美白化粧水は、「使い続けられる価格」という点では合格ですね!

プチプラ美白化粧水おすすめランキング10選

プチプラでも美白有効成分が入った、おすすめの薬用美白化粧水をランキング形式で紹介します。ドラッグストアで購入できるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

美白化粧水W(ちふれ)

source:ちふれ

商品詳細

  • ブランド名:ちふれ
  • 商品名:美白化粧水W【医薬部外品】
  • 価格:1,210円(税込)、詰替用1,100円(税込)

ちふれの美白化粧水Wは、プチプラながら、美白有効成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体のダブル配合で、メラニンの生成をおさえシミ・そばかすを防ぐ薬用化粧水です。

保湿成分としてBG、濃グリセリン、トレハロース液、ヒアルロン酸Naなどが配合されており、たっぷりとうるおいを与えつつ肌のキメを整えます

無香料・無着色・アルコールフリー。全成分開示で敏感肌さんにも使いやすい処方です。(ちふれは1978年頃から0.01%単位まで全成分を表示しています)。

さわやかにうるおってべたつかない通常タイプのほかに、なめらかに肌になじむしっとりタイプもあり、肌質や使用感で選べます。

ちふれ美白化粧水Wの口コミ

 

美白効果を期待して使用しています。私はやや敏感肌ですがピリピリすることもなく、プチプラなのでたっぷり使えるのが魅力です。コスパが良いので、引き続きリピート利用したいと思います。(30代後半/敏感肌)

 

スキンケアに時間やお金はあまりかけられないけれど、潤い+美白がしたくて、ちふれの赤の化粧水を購入。1本使い切って気に入り、リピートしています。潤いケアと美白ケアが同時にできて、年齢より肌が綺麗と言われるようになりました。(20代前半/乾燥肌)

 

夏に海に行ったときから使用しています。紫外線が強くてシミが怖いなと思っていたのですが、こちらを毎日コットンパックしていたところ、頬のシミが目立たなくなりました。全体的にトーンアップして、くすみが抜けた気がします。このお値段なのにすごい!(20代後半/普通肌)

公式サイトを見る

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(無印良品)

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(無印良品)
出典:無印良品

商品詳細

  • ブランド名:無印良品
  • 商品名:敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ【医薬部外品】
  • 価格:1,290円(税込)
  • 内容量:200mL
  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

無印良品の敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプは、美白有効成分ビタミンC誘導体が配合されており、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ薬用化粧水です。

炎症を抑え抗アレルギー作用のある有効成分グリチルリチン酸2Kも配合されていて、トラブルを起こしやすい敏感肌に◎

うるおい成分のセラミドや、アンズ果汁・グレープフルーツエキス、保湿・抗炎症・抗菌作用のあるスベリヒユエキスも配合されているので、しっとりしたうるおいを与え、透明感のあるしっとり肌に導きます。

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで敏感肌の人も試しやすい化粧水です。

 

無印で化粧品を買うのは初めてだったのですが、コスパも使い心地もよくてビックリ。通年たっぷり使うのに最適なのでリピートしています。(30代前半/混合肌)

 

美白化粧水は肌に合わないものが多いのですが、無印のこの化粧水は大丈夫でした。肌のキメが整ってきたのと、顔の色ムラが目立たなくなってきたのが嬉しいです。(20代後半/乾燥肌)

公式サイトはこちら

ケシミン浸透化粧水(小林製薬)

\選べる3つの保湿感/

ケシミン化粧水
出典:小林製薬

商品詳細

  • ブランド名:小林製薬
  • 商品名:ケシミン浸透化粧水【医薬部外品】
  • 価格:1,320円(税込)、詰替用1,100円(税込)
  • 内容量:160mL、詰替用140mL
  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

小林製薬のケシミン浸透化粧水は、美白有効成分ビタミンC誘導体の還元作用でシミの元を分解し、メラニンの生成を抑えてくれる薬用美白化粧水です。

ケシミンシリーズはシミ対策※にフォーカスしたラインナップですが、中でもこのケシミン浸透化粧水は、ぐんぐんしみこむ浸透力とたっぷりのうるおい感が特徴で、保湿しながらシミ対策※ができます。

ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)のほかに、肌あれを抑える有効成分グリチルリチン酸2Kヒアルロン酸Na-2が配合されており、皮膚にうるおいを与え、健やかに保つことをサポート。

しっとりもちもち肌、とてもしっとり高保湿タイプ、さっぱりすべすべ肌の3タイプがあり、肌質に合わせて選べるほか、お得な詰替用もあります。

 

プチプラなので、ケチらずたっぷり使えるのがいい。ケシミンクリームと一緒に愛用しています。(20代前半/混合肌)

 

美白ケアはしておかないと不安だけど、あまりお金はかけられないので、ケシミンのお手頃価格は嬉しいです。小林製薬だから安心感もあります。(30代前半/敏感肌)

公式サイトはこちら

薬用しみ対策 美白化粧水【医薬部外品】(メラノCC)

\高浸透ビタミンC誘導体配合/

メラノCC
出典:ロート製薬

商品詳細

  • ブランド名:メラノCC
  • 商品名:薬用しみ対策 美白化粧水【医薬部外品】
  • 価格:オープン価格(税込800円程度)※編集部調べ
  • 内容量:170mL
  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水は、ロート製薬の薬用美白化粧水です。

プチプラ化粧水ながらも、高浸透ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸ジカリウムのダブル有効成分配合で、日焼けによるシミやニキビ痕が気になる肌におすすめ

さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があり肌質や好みの使用感で選べます。グレープフルーツエキスとレモンエキスが配合されており、さわやかな柑橘系の香りも人気です。

同シリーズの「メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液」と合わせて使うのもおすすめ。

 

プチプラなのでたっぷり使えるのが嬉しい。ニキビの痕が残りにくくなったし、ニキビ自体も以前よりできにくくなった気がします。(20代前半/混合肌)

 

柑橘っぽい香りでさっぱりとした使い心地です。ちょっとうるおい感が物足りないかなって思ったので、2本目はしっとりタイプにしたらいい感じ。肌のトーンが明るくなってきました。(30代前半/乾燥肌)

公式サイトはこちら

白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水(肌ラボ)

\うるおいと白さへのこだわり/

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水
出典:ロート製薬

商品詳細

  • ブランド名:肌ラボ(ロート製薬)
  • 商品名:白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水【医薬部外品】
  • 価格:オープン価格(税込1,000円程度)※編集部調べ
  • 内容量:170mL
  • 美白有効成分:トラネキサム酸

公式サイトはこちら

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水は、ロート製薬のコスメブランド「肌ラボ」の美白シリーズの薬用化粧水です。

抗炎症作用のあるホワイトトラネキサム酸(美白有効成分)と、うるおい成分としてナノ化ヒアルロン酸やビタミンC誘導体、ビタミンEが配合されており、美容液級の美白ケア※ができます。

ホワイトトラネキサム酸は、シミができる初期段階にアプローチし、炎症物質の生成をおさえて、シミ発生をストップ。また、紫外線によるほてり・肌荒れも防ぎます。

健康な素肌と同じ弱酸性で、無香料・無着色・鉱物油フリー・アルコールフリーです。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。

 

とにかくコスパがよい美白化粧水です。トラネキサム酸がはいってるのに安いので、惜しまずバシャバシャ使えて気に入っています。(20代後半/乾燥肌)

 

何度もリピートしています。以前は日焼けしやすいのが悩みだったのですが、これを使うようになって肌の印象が明るくなっていくのが実感でき、白さを褒められるようにもなりました。(20代前半/混合肌)

公式サイトはこちら

ホワイトケア ローション M(アクアレーベル)

\メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ薬用美白化粧水/

ホワイトケア ローション
出典:資生堂

商品詳細

  • ブランド名:アクアレーベル
  • 商品名:ホワイトケア ローション【医薬部外品】
  • 価格:1,540円(税込)
  • 内容量:200mL
  • 美白有効成分:トラネキサム酸

公式サイトはこちら

資生堂アクアレーベルのホワイトケア ローションは、美白有効成分トラネキサム酸配合の薬用美白化粧水です。肌のバリア機能の回復を促進するD-グルタミン酸や、うるおい成分のヒアルロン酸Naなどが配合されています。

とろみのある濃厚なローションが、シミ・そばかすを防ぎながら乾燥・ハリ対策もして、うるおって透明感のある弾む肌へ導いてくれます。

ドラッグストアで購入でき手頃な価格で続けやすいこともあって、幅広い世代に人気がある化粧水です。同じ美白ラインの美容液や乳液とあわせて使うのもおすすめ。

公式サイトはこちら

純米美白化粧水(美人ぬか)

\トラネキサム酸配合の米ぬかスキンケア/

純米美白化粧水(美人ぬか)
出典:美人ぬか

商品詳細

  • ブランド名:美人ぬか
  • 商品名:純米美白化粧水【医薬部外品】
  • 価格:1,078円(税込)
  • 内容量:130mL
  • 美白有効成分:トラネキサム酸

公式サイトはこちら

美人ぬかの純米美白化粧水は、美白有効成分トラネキサム酸配合の薬用美白化粧水です。メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎ、くすみ感のない肌に整えてくれます。

コウノトリ米ぬかエキス、米ぬかセラミド(米ぬかスフィンゴ糖脂質)などの「米・米ぬかうるおい成分」、ヒアルロン酸、アミノ酸由来セラミド様成分などの「うるおい美肌成分」が配合されており、うるおいをしっかりサポート。

日本人のお肌と相性の良い米ぬかスキンケアは、”昔ながらの”というイメージがあるかもしれませんが、美白有効成分&保湿成分はしっかりと配合されていますよ。

公式サイトはこちら

ヒアロチャージ 薬用 ホワイト ローションM(KOSE)

\ディープチャージ処方で未来のシミ対策/

ヒアロチャージ 薬用 ホワイト ローションM(しっとり)
出典:KOSE COSMEPORT

商品詳細

  • ブランド名:コーセーコスメポート
  • 商品名:ヒアロチャージ 薬用 ホワイト ローションM【医薬部外品】
  • 価格:オープン価格(税込740円程度)※編集部調べ
  • 内容量:180mL
  • 美白有効成分:持続型ビタミンC

公式サイトはこちら

コーセーコスメポートのヒアロチャージ 薬用 ホワイト ローションM(しっとりタイプ)は、美白有効成分 持続型ビタミンCを配合した薬用美白化粧水です。

ヒアロチャージだけのディープチャージ処方で、シミの根元に効率的に届いて美白効果※を発揮し、透明感を高めながら、未来のシミも防ぎます

高浸透・高保水・高持続、3つの分子量のヒアルロン酸と浸透サポート成分オレイン酸誘導体を配合しているので、スルスルと肌にしみこんでベタつきません。プチプラ美白化粧水でも浸透力にこだわりたい人におすすめです。

※美白とは、日やけによるシミ・ソバカスを防ぐお手入れのこと。

公式サイトはこちら

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水(SANA)

\高純度アルブチン×豆乳発酵液/

なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水
出典:SANA

商品詳細

  • ブランド名:SANA(サナ)
  • 商品名:なめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水【医薬部外品】
  • 価格:1,100円(税込)
  • 内容量:200mL
  • 美白有効成分:アルブチン

公式サイトはこちら

SANA(サナ)のなめらか本舗 薬用美白しっとり化粧水は、豆乳発酵液(保湿成分)と高純度アルブチン(美白有効成分)を配合した薬用美白化粧水です。

豆乳イソフラボンが豊富な豆乳発酵液が配合されているので、美白化粧品に起こりがちな肌の乾燥を気にすることなく、うるおい美白※を体感できます。

「薬用美白化粧水」に比べ、より保湿と透明感を感じられるよう商品力を強化した「薬用美白しっとり化粧水」は、独自のナノ浸透処方で成分がスーッと浸透し、明るく透明感のある肌へと導いてくれるのが特徴です。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式サイトはこちら

美白ケア化粧水 III(キュレル)

\シミ・ソバカスも防ぎたい乾燥性敏感肌に/

キュレル 美白ケア 化粧水 III とてもしっとり 【医薬部外品】
出典:キュレル

商品詳細

  • ブランド名:キュレル
  • 商品名:美白ケア化粧水 III【医薬部外品】
  • 価格:オープン価格(税込2,300円程度)※編集部調べ
  • 内容量:140mL
  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

キュレル美白ケア化粧水Ⅲは、美白有効成分L-アスコルビン酸 2-グルコシド※メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防いでくれる乾燥性敏感肌のための化粧水です。

うるおい成分セラミドやユーカリエキス配合で、外部刺激を受けにくく、透明感あふれるなめらかでうるおいに満ちた肌に保ちます。

無香料・無着色・アルコールフリーで、乾燥性敏感肌の人を対象にしたパッチテストも実施済みなので、敏感肌の人でも安心して試しやすいアイテムです。

ドラッグストアコスメとしてはプチプラとは言えませんが、「敏感肌だけど美白したい」「比較的手ごろな価格のものがいい」という人に特におすすめできます。

※ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

まとめ:プチプラ美白化粧水で美白ケア

この記事では、美白有効成分の働きや美白化粧水の選び方を解説して、ただ安いだけではなく、コスパが良く、プチプラでも優秀な美白化粧水をランキング形式で紹介しました。

ランキングの中で、試してみたい美白化粧水は見つかりましたか?

ドラッグストアで美白化粧水を手に取ったときは、ぜひ裏面の成分表記欄で、有効成分としてどんな美白成分が配合されているのかをチェックしてみてくださいね。

プチプラ美白化粧水の価格は数百円~1,000円台。「あまりお金をかけられないけれど美白ケアを始めたい!」なら、まず最初に取り入れたいアイテムです。

⇒ プチプラ美白化粧水おすすめランキング10選をもう一度見る!

「もう少しお金をかけてもいいからより積極的に美白ケアをしたい!」「美白ケアと同時にエイジングケアもできたらいいな」という場合は、こちらの記事もどうぞ。

2021年おすすめ美白化粧水ランキング12選|今年選ぶべき人気の化粧水は?

美白美容液おすすめランキングTOP5!自分に最適なシミ対策美容液選び

はるこ
一日も早く美白ケアを始めて、明るく透明感のある肌を目指しましょう。「あのとき始めてよかった」と思う日が来るはずです。

 

feature

特集記事