日焼けによるシミも美白も。インナーケアサプリおすすめランキング

日焼けによるシミが気になる、明るく透明感のある肌になりたいのにどんより…

化粧品による外からのケアをがんばっているのになかなか実感が得られないと悩んでいるなら、飲み薬の服用やサプリメントでのインナーケアも並行してみませんか。

ダイエットでも、「食事制限だけ」「運動だけ」よりも、両方を組み合わせた方が結果が出やすいのは周知の事実。美容においても、外からのケアと中からのケア、どちらか一方よりも両方を組み合わせたアプローチが効果的です。

undefined

ちょこ
インナーケアもしたほうがいいんだろうな~とは思うんですが、お薬やサプリってどれを選んだらいいかわからなくて…

はるこ
この記事を読めばお薬とサプリの違いや、自分の悩みにはどれがよいかがわかりますよ!

この記事では、美白有効成分の入った医薬品とサプリメントの違いを解説し、選び方のポイントとともに、おすすめのお薬&サプリをランキング形式で紹介しています。

自分に合ったインナーケアアイテムを選んで、明るく透明感のある肌を目指しましょう。

→ すぐに「おすすめサプリランキング」を見たい人はこちら!

シミの種類と対処法

シミの種類

一口にシミと言っても、いろいろな種類があります。まずは、代表的なシミの原因と特徴を見ておきましょう。

シミの種類と特徴

  • 老人性色素斑(日光性黒子):黒っぽい色で、輪郭がはっきりしている。
  • 炎症後色素沈着:ニキビなどの炎症による赤みが引いた後、茶色くなったもの。
  • 肝斑(かんぱん):両ほほ骨のあたりに左右対称にできる薄茶色のシミ。輪郭がぼやっとしている。
  • そばかす(雀卵斑):幼少期から思春期にかけて出やすい、小さな斑点の広がり。
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス):肝斑と勘違いしやすいアザの一種。左右の頬骨あたりを中心に、褐色~灰褐色・紫褐色・青みがかった色素斑が増える。

過剰なメラニンによってできるシミ

いわゆる一般的なシミは老人性色素斑です。「老人性」という名前ですが、多くの場合その原因は紫外線で、「日光性黒子/日光性色素斑」とも呼ばれます。

紫外線によるシミの悩みが出始めるのは30〜40代からが多いのですが、屋外でスポーツをする人などの場合、10代や20代前半でも既にシミに悩んでいる人も少なくありません。

シミができる仕組み

健康な肌であれば、紫外線を浴びた後にメラニンが作られて肌が一時的に赤黒くなっても、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)とともにだんだん元の肌色に戻るもの。

しかし、過剰に紫外線を浴び続けることにより、作られたメラニンが肌の中に留まると、シミになってしまいます。これが老人性色素斑です。

炎症後色素沈着は、炎症をきっかけにメラノサイト(表皮に存在するメラニンを作り出す細胞)が刺激を受け、メラニンが過剰生成され肌内部にたまってしまう状態をいいます。

はるこ
複数の種類のシミが重なって、あるいは別々の場所に同時に存在しているケースもありますよ。

老人性色素斑や炎症後色素沈着が気になっている場合は、美白化粧品での外からのケアに加えて、美白有効成分を含む飲み薬や、サプリメントでのインナーケアが効果的です。

基本的には、シミを治療できるのは医薬品、シミを作らないように(予防)しながら他の美容成分も取り入れて総合的にインナーケアできるのがサプリと考えてください。

→ おすすめの医薬品をすぐに見る

→ おすすめのサプリメントをすぐに見る

遺伝やホルモンバランスでできるシミ

undefined

ちょこ
自分のシミが肝斑、雀卵斑(そばかす)の場合はどうなのでしょうか?

女性ホルモンの影響でできると言われる肝斑(かんぱん)が気になる場合は、肝斑改善に効果的な飲み薬(トラネキサム酸配合)の内服で改善が期待できます。

肝斑改善に効果的な飲み薬とおすすめ化粧品|内外からのケアで解決へ

主な遺伝が原因とされる雀卵斑(そばかす)は、幼少期から出ていることが多く、セルフケアのみで完全に消すことは難しいタイプのシミです。しかし、地道に美白ケアをすることで、多少薄くすることはできるといわれています。

アザの一種であるADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、表皮に存在するシミと異なり、真皮に存在しているため、薄くするには、肌深くまでアプローチしてくれるレーザー治療が効果的です。

はるこ
消すのが難しいシミやアザもありますが、化粧品でのスキンケアとサプリメントでのインナーケアを続けることで見た目の肌印象は変えられますよ。

医薬品とサプリメントの違い

「美白サプリ」で検索するといろいろな商品が出てきて、何を選んだら良いか迷ってしまいますよね。まずは、医薬品とサプリの違いを確認しましょう。

医薬品 病気の治療を目的としており、薬効成分が体に働きかけるものです。効果・効能が高いですが、副作用を伴うこともあります。
サプリメント 体に必要な栄養素を補い、健康の維持、増進を目的とするものです。栄養不足からくる不調の改善をサポートするためや、病気を予防するために摂ります。効果はゆるやかです。

はるこ
サプリメントは薬と食品の両方の性格を持っていますが、日本の法律ではサプリメントという区分がないので、「薬」ではなく「食品」として扱われます。

ちょこ
シミの治療・改善は医薬品、予防やトータルのインナーケアにはサプリメントと使い分ければいいんですね。

飲んでシミを改善する医薬品の選び方

医薬品は厳しい基準をクリアして厚生労働省から有効成分の効果が認定されたもの。すでにできしまったしみやそばかすを消したいなら、美白有効成分が入った飲み薬(医薬品)がおすすめです。

シミ対策や美白に効くと言われている成分には以下のようなものがあります。

L-システイン

体内に存在するアミノ酸の一種で、肌の代謝に関係する成分です。働きは以下の通り。

  • メラニン色素の過剰生成の抑制
  • メラニンの無色化
  • ターンオーバーの促進
トラネキサム酸

アミノ酸の一種で、肝斑の治療や美白におなじみの成分です。働きは以下の通り。

  • メラノサイトの活性化を予防する
  • 抗炎症作用(肌荒れを防ぐ)
ビタミンC

美肌作りや美白成分として広く知られている成分です。働きは以下の通り。

  • メラニン色素の生成を抑える
  • メラニン色素の還元
  • ターンオーバーを促す
アルブチン

ハイドキノン誘導体と言われる成分です。働きは以下の通り。

  • メラニンの合成を阻害する
  • メラニンの黒色化を防ぐ
ビタミンE

「若返りのビタミン」とも言われる成分です。働き配下の通り。

  • 血行促進作用により皮膚の新陳代謝を高める
  • メラニン色素の還元
  • ビタミンCの働きを助ける

日焼けダメージをケアするサプリの選び方

医薬品ではシミの改善が期待できますが、美白サプリは主にシミの原因とされているメラニンの生成の抑制や、紫外線が原因によるしみやそばかすから肌を守るのが目的です。

「サプリメントではしみを改善できないの?」という疑問を持つかもしれませんが、本来サプリメントとはこれから発症しそうな症状を予防するために飲み続けるもの。

あくまで明るいお肌のためにシミやそばかすの予防を毎日続けるということになります。

<美白サプリのメリット>

  • 効果はゆるやかだが気楽に続けられる
  • 美容や美肌に配慮した成分が同時にとれる

今はシミやくすみといった悩みはないけど、今後も透明感のある肌を保つために内側からケアをしたい人におすすめです。劇的な変化はないものの、美容成分も同時に摂取できるのでトータルでインナーケアができます。

はるこ
コスメと違い、サプリは顔だけでなく全身くまなくインナーケアできるのも嬉しいポイントですね。

シミ・そばかすを予防!おすすめサプリランキング

ここからは、編集部が選んだシミ・そばかすを予防したい人におすすめのサプリメントをランキング形式で紹介します。

ホワイトショット インナーロック タブレット IXS(POLA)

\毎日2粒でからだの中から透明感へアプローチ/

ホワイトショット インナーロック タブレット IXS
画像出典:POLA

商品詳細

  • ブランド名:POLA ホワイトショット
  • 商品名:ホワイトショット インナーロック タブレット IXS
  • 価格:レギュラー6,696円(税込)、お徳用17,820円(税込)
  • 内容量:レギュラー60粒、お徳用180粒
  • 1日あたりの価格:約223円(税込)
  • 定期購入割引:なし

公式サイトはこちら

インナーロック タブレット IXSは、ポーラの美白ブランド「ホワイトショット」のビューティーサプリメント(特許取得健康食品)です。

太陽が照りつける過酷な環境で育つ「生命力を象徴する木」インドキノキから開発した独自成分「ミクロブランノールEX®︎」を配合しています。

そのほか、ヤマモモの樹皮から抽出したベイベリーバークエキスとローズマリーから抽出したエキスを配合したポーラオリジナル原料「ベイベリーバークS」、ヨモギから独自製法を用いて高濃度に抽出したポーラオリジナル原料「YACエキス」を新配合。

毎日2粒で、からだの中から透明感へアプローチするサプリメントです。

 

3袋目を飲んでいます。毎日、車に乗って通勤するので日焼けによるシミが気になっていました。飲み続けるうちに、だんだん日焼けしにくい肌になってきたように思います。(40代/乾燥肌)

 

飲む日焼け止め&全身の美肌効果を実感しています。飲み始めて2ヶ月ほどでまわりの皆からファンデーションを変えたの?と聞かれるほどの変化を感じ、その気になって続けています。(50代/敏感肌)

 

ホワイトニングやスキンケアは体の中からもアプローチした方が効果が高いと思い服用しています。サプリなので即効性はありませんが、安心のためのお守りとしていいと思います。(30代/混合肌)

少し値段は高いものの、飲んでいるのといないのでは明らかに違う!と感じて継続しているという口コミが多数ありました。

公式サイトはこちら

ピュアホワイト <タブレット>(資生堂)

\東洋の美容成分のチカラを手軽に/

ピュアホワイト〈タブレット〉
出典:資生堂

商品詳細

  • ブランド名:資生堂ピュアホワイト
  • 商品名:ピュアホワイト〈タブレット〉
  • 価格:4,320円(税込)
  • 内容量:240粒(約30日分)
  • 1日あたりの価格:約144円(税込)
  • 定期購入割引:あり

公式サイトはこちら

ピュアホワイト〈タブレット〉は、美しく輝こうとする素肌の力をサポートする資生堂のサプリメントです。

スーパーフルーツ「枸杞(クコ)の実」をはじめ、ビタミンEが豊富な「アブラ椰子オイル」、古くから美容成分として名高い「ライチ種子エキス」、アミノ酸を豊富に含む「ハトムギエキス」など、透明感を底上げする美肌成分が配合されています。

紫外線が気になる季節も楽しみたい人、透明感のある毎日を過ごしたい人、年齢に負けない美しさを求める人におすすめです。

 

飲み初めて数ヶ月が経ちました。気になっていたシミが薄くなったわけではないのですが、肌のトーンが確実に明るくなりました。透明感?と言うのでしょうか。人からも首と手が白くなってると言われました。手応えを実感したのでこのまま飲み続けたいと思います。(40代前半/混合肌)

 

真っ白のタブレットで小粒、無味無臭なので飲みにくさはありません。悩みのシミとソバカスはあまり変わらずですが、美白というよりは、肌の赤みが気にならなくなりました。副作用の心配も無いサプリで、これからも気長に美白ケアしていきたいと思っています。(30代前半/敏感肌)

美白研究に定評のある資生堂のサプリなので信頼できる、という口コミもありました。

公式サイトはこちら

ホワイトヴェールプレミアム(キラ★リズム)

\太陽に負けないサプリ “飲むUV対策”/

ホワイトヴェール プレミアム
出典:キラ★リズム

商品詳細

  • ブランド名:キラ★リズム
  • 商品名:ホワイトヴェールプレミアム
  • 価格:7,700円(税込)
  • 内容量:60粒(約1か月分)
  • 1日あたりの価格:約256円(税込)
  • 定期購入割引:あり

公式サイトはこちら

ホワイトヴェール プレミアムは、世界で注目されている天然ポリフェノール成分「ニュートロックスサン(NutroxSun)®︎」をはじめ、オーガニックのビタミン・ミネラルなどをバランスよく配合した栄養機能食品です。

ニュートロックスサン®は、太陽の国スペイン、ミギュエル大学が10年以上の歳月をかけて実証した紫外線保護成分。継続飲用後約3か月で、約60%の紫外線に対する保護作用が実証されています。(臨床効果試験済み)

「太陽に負けないサプリ」「飲むUV対策」と言われるように、1日2粒(目安)を飲むだけの簡単ケアで、日焼けや紫外線による光老化から肌を守ります。

医薬品の品質管理基準をクリアした国内GMP認定工場にて製造されているので安心です。

公式サイトはこちら

シミ・そばかすを改善!おすすめ医薬品ランキング

続いて、シミ・そばかすを改善できるおすすめの医薬品をランキング形式で紹介します。医薬品は配合されている有効成分をチェックして選びましょう。

キミエホワイトプラス(富山常備薬グループ)

\しみ・そばかすや肌トラブルに「飲んで効く」/

キミエホワイトプラス
出典:富山常備薬グループ

商品詳細

  • ブランド名:富山常備薬グループ
  • 商品名:キミエホワイトプラス【第3類医薬品】
  • 価格:4,620円(税込)/初回1,067円(税込)
  • 内容量:93錠(31日分)

公式サイトはこちら

キミエホワイトプラスは、従来品キミエホワイトからパワーアップした、しみ・そばかすだけでなく、ニキビ・湿疹・かぶれ等の肌トラブルにも「飲んで効く」医薬品です。

注目すべきは、肌の代謝に関係する成分「L-システイン」を160mgから240mgと1.5倍増量して配合していること。これは一般用医薬品で配合可能な最大量です。

しみ・そばかすのもととなる黒色メラニンの生成を抑制し、皮膚の代謝をスムーズにし、メラニンの排出を促します

また、新しく配合された「パントテン酸カルシウム」は、肌の新陳代謝を促し、ニキビ・湿疹・かぶれと言った肌トラブルにも飲んで効く成分です。

初回特別価格が設定されており、お得に試すことができますよ。

公式サイトはこちら

ハイチオールCホワイティア(エスエス製薬)

\肌代謝を改善し、シミを治療する医薬品/

ハイチオールCホワイティア
出典:エスエス製薬

商品詳細

  • ブランド:ハイチオール(エスエス製薬)
  • 商品名:ハイチオールCホワイティア【第3類医薬品】
  • 価格:1,080円(税込)、2,380円(税込)※編集部調べ
  • 内容量:40錠、120錠
  • 有効成分:L-システイン(アミノ酸)

公式サイトはこちら

エスエス製薬 ハイチオールCホワイティアは、肌代謝を改善し、体の内側からシミを治療する医薬品です。

L-システイン240mg、ビタミンC500mgに加え、パントテン酸カルシウムをハイチオールCシリーズ中で最大量配合した、ハイチオールCの最高峰となっています。

L-システインは抗酸化作用を持つアミノ酸です。シミの原因となるメラニンの生成の仕組みに働きかけ、過剰にできたメラニンの生成を抑制し、シミの原因となる黒色メラニンを無色化します。さらに肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、過剰にできた黒色メラニンをスムーズに排出します。

  • 一点のシミも許したくない方※
  • 体の内側からシミを治したい方
  • 朝晩のむタイプの薬をお探しの方

におすすめです。
※効果には個人差があります。

公式サイトはこちら

ホワイピュア(くすりの健康日本堂)

\シミ・そばかす・色素沈着の緩和に/

ホワイピュア
出典: くすりの健康日本堂

商品詳細

  • ブランド名:くすりの健康日本同堂
  • 商品名:ホワイピュア【第3類医薬品】
  • 価格:6,380円(税込)
  • 内容量:180錠(30日分)

公式サイトはこちら

老舗製薬会社・くすりの日本健康堂のホワイピュアは、今見えているシミにも、隠れているシミにも、体の内側からシミ対策ができる医薬品です。

メラニンの過剰な生成を抑制・排出する成分「L-システイン」、メラニンの生成を抑えビタミンEのサポートやコラーゲンを生成するビタミンCのほか、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEが配合されています。

  • ターンオーバーを整える
  • シミ・そばかすの排出を促す
  • メラニン色素の発生を抑制する

…の働きで、シミ・そばかすに飲んで効くお薬です。

定期購入(回数縛りなし)なら約67%OFFでお得に試すことができますよ。

公式サイトはこちら

トランシーノ®Ⅱ(第一三共ヘルスケア)

\体の内側から8週間で肝斑に効く/

TRANSINOⅡ トランシーノ® Ⅱ
出典:TRANSINO

商品詳細

  • ブランド名:第一三共ヘルスケア
  • 商品名:トランシーノ®Ⅱ【第1類医薬品】
  • 価格:オープン価格(69錠1,995円~240錠6,109円程度)
  • 内容量:15日分(60錠)、30日分(120錠)、60日分(240錠)

公式サイトはこちら

肝斑(かんぱん)におすすめ

第一三共ヘルスケアの「トランシーノ®Ⅱ」は、体の内側から8週間で肝斑に効く飲み薬(第1類医薬品)です。

トランシーノIIには、肝斑治療のために皮膚科で処方されているトラネキサム酸が有効成分として配合されており、シミの中でも唯一、肝斑にのみにアプローチします。

目安量は1日2回を8週間服用。朝&夜のみで、昼は服用する必要はありません。

公式サイトでは、8週間を過ぎたら一旦飲むのをやめることが推奨されています。2か月以上飲み続けた際の有効性・安全性については、十分なデータが確認できていません。

8週間継続服用しても効果が得られない場合、そのシミは肝斑ではない可能性があります。

公式サイトはこちら

インナーケアのための美白サプリの正しい飲み方

美白サプリは商品によって飲むタイミングや容量が異なります。飲む前に必ず説明書を読んで説明書通りに飲むことが大切です。

サプリの正しい飲み方と飲むときに気をつけたいことをまとめました。

用量を守って水で飲む

「いっぱい飲めばすぐに効き目が出るんじゃ?」と思ってしまいがちですが、決められた用量以上に飲んでしまうと副作用が出てしまう危険性があります。必ず用法・用量を守りましょう。

サプリを飲むときに水で飲むというのも大切なポイントです。ときどきジュースやアルコール類でサプリメントを飲んでしまう人がいますが、サプリメントに含まれる成分が存分に働かなかったり、逆に強すぎてしまう恐れがあります。

サプリメントが持つ効果をしっかりと実感したいのであれば、水で飲むのが基本です。

組み合わせに気をつける

美白を目指すために複数のサプリメントを併用していませんか?サプリメントは複数の成分が配合されているものなので、複数のサプリメントを服用することで重複する成分がある可能性が高くなってしまいます。

すると過剰摂取になってしまうことがあり、胃腸系やお肌にトラブルが出る可能性が出てくるので、複数のサプリメントを摂取するのはあまりおすすめできません。

焦らず飲み続ける

肌細胞が生まれ変わりきるまでの期間は、大人の場合大体1か月~1か月半ほどかかります。そのため効果を実感するまでには、少なくとも1か月半は見たほうが良いでしょう。
場合によっては1度のターンオーバーでは効果が実感しにくいこともあり、ターンオーバー2回分、つまり3か月ほどは様子を見ていくこともあります。

口コミにもあるように、早ければ一ヶ月程度で効果を実感できることもありますが、あせらず、3か月はじっくりと飲み続けましょう。

サプリを控えたほうが良いケース

美白サプリには、美白効果のある成分の他にもいろいろな成分が配合されています。アレルギーがある人は服用する前に必ず成分表をチェックしてください。現在薬を飲んでいる人も飲み合わせが良いのか悪いのか、自分で判断せず医師と相談しましょう。

また、妊娠中に飲んでも良いサプリもありますが、かかりつけの医師に確認をした方が安心です。成分によっては重大な副作用を引き起こす可能性があるので、自分の体は自分で守ることが大切です。

インナーケアを意識して積極的に摂りたい食べ物

健康で美しい肌のためには、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することが大切です。特にストレスを感じたり日焼けをしたりすると活性酸素が大量に発生するので、抗酸化成分を積極的に摂るようにしましょう。

抗酸化効果や美白効果が期待できる代表的な成分は、水溶性のビタミンCです。メラニンを還元する作用があるビタミンCは、レモンやオレンジといった柑橘類をはじめ、パイナップル、トマトなどに含まれています。

また、ウナギ、ナッツ類、かぼちゃ、アボカドなどに含まれる脂溶性のビタミンEも効果が期待できる成分の1つです。

さらに体内でビタミンAに変化するβカロテンや、メラニンができるのを抑え、排出を助けるL-システインリコピンエラグ酸なども積極的に摂りたい成分と言えます。

美白効果の栄養

栄養素 それを含む食品
ビタミンC ミカン、パプリカ、キウイフルーツ、ゆず、柿、レモン、アセロラ
ビタミンE エゴマ、ナッツ類、アボガド、植物油、ほうれん草
β-カロテン(体内でビタミンAに変換) にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、
L-システイン
(食品の中には存在せず、体内で合成される)
はちみつ、小麦麦芽、大豆、マグロ、とりにく、牛乳などを摂る事で身体の中で合成される
アスタキサンチン いくら、エビ、かに、サーモン
リコピン トマト、ピンクグレープフルーツ、スイカ、にんじん

その他、セラミド(大豆、小麦、ブロッコリー)や、エラグ酸(ザクロ、ブルーベリー、いちご)なども美白効果がある成分だといわれています。エラグ酸はビタミンCと一緒に摂ることで効果UPが期待できる成分だといわれています。

血の巡りを良くして美白したいなら漢方もおすすめ

血流が良いと必要な栄養や酸素が体のすみずみまで行き届くから健康でいられる…、そんな話を聞いたことはありませんか?

これは肌にも言えること。血の巡りが良いと肌も健やかで美しい状態でいられます。ここでは、血の巡りとシミの関係について見てましょう。

シミに対する漢方の解釈「瘀血(おけつ)」とは

血流が悪く血の巡りが滞っている状態を、中国医学では「瘀血(おけつ)」といいます。この瘀血になると、肩こりや頭痛、肌のくすみ、強い生理痛などの症状が出てきてしまうのです。

また、瘀血は、シミ・そばかすの原因の一つとされています。血流が悪くなり、必要な栄養や酸素が肌に行き渡らなくなると、ターンオーバーが滞り、メラニンの排出されずに蓄積し、シミになってしまうためです。

美白と同時に体調不良・ストレス軽減に効くのが強み

瘀血は、生活習慣や運動不足、ストレスなどが主な原因です。この瘀血を改善すると、美白効果以外にも、肩こりや頭痛を改善できるとされています。

瘀血の改善には、漢方がおすすめです。漢方は、様々な生薬から作られていて体に優しいものが多く、普段から使用する人も増えています。

体調不良のほか、ストレスによる心身の不調を改善する効果があり、心身ともに健やかな健康的な美しさをサポートできるのが漢方の特徴です。

シミ取りに効果的なおすすめ漢方薬

シミに効果的なおすすめの漢方薬は、「加味逍遙散」です。血流を良くして「瘀血」を改善することで、ターンオーバーを促しメラニンを排出します。

加味逍遙散は、美白効果以外にも、イライラを抑えたり、自律神経を調整する効果があります。

また、「当帰芍薬散」もおすすめです。当帰芍薬散は、瘀血を改善し生理痛や冷え性を緩和。また、ホルモンバランスを整える効果を期待でき、肝斑にも有効な漢方だとされています。

紫外線対策&美白化粧品でのスキンケアも

シミを防ぎたいなら、インナーケアと並行して、毎日の紫外線対策と美白化粧品でのスキンケアが大切です。

紫外線対策をしっかりする

紫外線はすべてのシミにNGです。外出時は、短時間でも日焼け止めを塗る、帽子やサンバイザー・日傘・サングラスなどを取り入れるなどの工夫をして、できるだけ紫外線を浴びないように気をつけましょう。

晴れた日だけでなく、曇りの日でも紫外線が降り注いでいることをお忘れなく。せっかくの美白ケアが無駄にならないよう、短い時間でも紫外線対策はしかりと行ってください。

美白化粧品でのスキンケア

インナーケアと並行して、シミ・そばかすの原因となるメラニンに働きかける「美白成分」が配合された薬用の美白化粧品でのスキンケアを行うことも大切です。

美白効果が認められている有効成分は、肝斑の治療にも使われるトラネキサム酸、ビタミンCを安定させたビタミンC誘導体、溜まったメラニンを排出する4MSK、デリケートな肌にも使いやすいアルブチンなど、20種類以上あります。

はるこ
ここでは編集部おすすめの美白化粧品をいくつか紹介しますね。

アスタリフト ホワイトシリーズ

アスタリフト ホワイト シリーズ
出典:FUJIFILM

富士フイルムの化粧品ブランド「アスタリフト ホワイトシリーズ」は、美白有効成分アルブチンがメラニンを還元し、シミやくすみを防ぐ美白化粧品です。

ナノ化した美肌成分「ナノAMA」と米由来の成分が、乾燥によるくすみをケアしながら、うるおいの満ちたツヤのある肌へと導きます。

エッセンスインフィルトは、世界最小クラスの保湿成分ナノAMAナノオリザノールが肌をうるおいで満たし、みずみずしさを保つ美白美容液です。

美白有効成分ビタミンC誘導体がシミ・そばかすの生成を抑制してくれ、美白と高保湿が一度に叶うから、くすみがちな乾燥肌や年齢肌にもおすすめです。

アスタリフトでは、アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトが入った5日間トラベルセット(トライアルセット)があります。

公式サイトはこちら

オルビスユードット

\ベストコスメを多数受賞/

https://www.orbis.co.jp/special/orbis_udot/index/
出典:ORBIS

オルビス ユードットは、深まる年齢サインにマルチなアプローチすることをコンセプトにした、オルビス内で最高峰のエイジングケアシリーズです。2020年下半期ベストコスメも受賞しています。

シリーズのオルビス ユードット ローションは、大人肌のすみずみまでうるおいを届けて、明るさ・やわらかさ・ハリ感のあるいきいきとした肌印象へ導く薬用化粧水です。

エネルギーのめぐりに着目した新成分GLルートブースター、メラニンの生成をブロックし、年齢肌の気になる悩みであるシミを予防する美白有効成分トラネキサム酸を配合しています。くすみ、ハリの低下、美白、乾燥、小じわなどが気になる人におすすめ。

洗顔料・化粧水・保湿クリームのシンプルな3ステップでお手入れも簡単です。使い心地が気になる人には、約1週間試せるオルビス ユードット トライアルセットもありますよ。

公式サイトはこちら

ビーグレン

\透明感のある明るい肌へ/

ビーグレン スキンケアプログラム トライアルセット 1
出典:b.glen

 

アメリカの薬学博士が開発したサイエンスコスメ「ビーグレン」は、独自の浸透テクノロジー「QuSome」と、一人一人の悩みに応じたスキンケアプログラム設計が特徴です。

シミに悩む人には、ビタミンCとハイドロキノンの力で低下したターンオーバーの機能を正し、紫外線ダメージに負けない透明感のある肌へ導く「ホワイトケア」がおすすめ。

特に、美容成分ビタミンC(整肌成分)を高濃度で配合した美容液「Cセラム」と、澄み切った肌印象を引き出す成分ハイドロキノン(整肌成分)を過去最高の2.0%配合した美容液「QuSomeホワイト2.0」は口コミでの評判も高いです。

初めての人にはこの2つの美容液を含む5アイテムを試せるトライアルセットもあります。

公式サイトはこちら

美白化粧品についてもっと詳しく知りたい場合は、おすすめ美白化粧水12選美白クリームおすすめ12選ハイドロキノンクリームおすすめ5選もチェックしてみてくださいね。

まとめ

透明感があるなめらか美肌を手に入れるためには、医薬品でケアしたり、普段から美白サプリでシミ予防をしていくことが大切です。

美白サプリだけでなく、美白化粧品の併用や日焼け止めなどのUV対策もしていくと、内側・外側の両方からアプローチができます。

どの商品でもそうですが、美白ケアを始めてすぐに効果を実感することはできません

なぜなら、お肌が生まれ変わる(ターンオーバーの)サイクルは通常は約1ヶ月から1ヶ月半ほどで、年齢が上がる毎にこの期間は延びていくといわれているからです。(20代:約28日 30代:約45日 50代:約75日)

毎日作られる新しい肌細胞が少しずつ押し上げられ、お肌の表面まで出てくるのにそのくらいの期間がかかります。すぐに変化が感じられなくても、未来の明るい肌に着実に近づいていることをイメージしながら、じっくりケアをしていきましょう

「あのとき始めてよかった」「諦めなくてよかった」と思える日がきっと来るはずです。

→ 「おすすめサプリランキング」をもう一度見る!

 

feature

特集記事