ビタミンC誘導体化粧水おすすめ10選|毛穴・ニキビ跡の悩みや美白ケアに

幅広い効果を持つビタミンCは、美肌づくりに欠かせない成分です。

アッキー
食品やサプリから摂るビタミンCと化粧品に入ってるビタミンCって同じものですか?

はるこ
ビタミンCはそのままの状態では不安定で酸化しやすいんです。だから、化粧品には「ビタミンC誘導体」が配合されてます。

ビタミンC誘導体を配合した化粧水は、毛穴、ニキビ跡、美白、エイジングケアが気になる人にぜひ取り入れて欲しい化粧水です。しかし、選び方がよく分からない…という声も。

そこで、この記事では、ビタミンCに期待できるさまざまな効果をわかりやすく解説して、おすすめのビタミンC誘導体化粧水を紹介します。

>> ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキングを今すぐチェック!

ビタミンCの効果とビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体化粧品がどうやら良いらしい」そう聞いたことがあっても、ビタミンCを肌につけるとどんな働きが期待できるのか、具体的に知っていますか?

ビタミンCの肌への作用

  • メラニンの生成を抑制・還元する
  • 皮脂分泌を抑制する
  • 肌の代謝を促進する など

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制・還元する作用があります。紫外線を浴びた後にメラニンが作られるのを防ぎ、さらにできてしまったメラニンの色素を薄くしてくれるので、日焼けによるシミ・そばかすの予防や美白ケアにおすすめです。

また、ビタミンCには皮脂分泌を抑制する作用があるため、オイリー肌さんや混合肌さんのニキビケア毛穴のつまりケアに役立ってくれます。皮脂で肌がテカテカする、化粧崩れしやすい、などの悩みにも◎

引き締め効果が期待できるので、たるみ毛穴・開き毛穴のケアにもよく使われます。

さらに、皮膚や細胞のコラーゲンの合成に関わっているので、肌代謝促進、ハリを与えるなども。肌代謝=ターンオーバーが促進されるので、ニキビ跡のケアにも良いです。

はるこ
そんなマルチな成分・ビタミンCを化粧品に配合するために安定させたのが、「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体とは、本来は不安定な状態で酸化しやすいビタミンCの安定性を高めて、化粧品に配合しやすくしたものの総称です。

ビタミンC誘導体と言う一種類の成分があるわけではなく、さまざまな表示名があります。

undefined

ちょこ
だから、化粧品の成分表示に「ビタミンC誘導体」とは書かれていないんですね。

1種類または2種類以上のビタミンC誘導体の入った化粧水がビタミンC誘導体化粧水です。

ビタミンC誘導体は、化粧品に入っているときは安定していますが、肌に触れると肌が持つ酵素によって分子が離れて、ビタミンCとして働き始めます。

>> ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキングを今すぐチェック!

ビタミンC誘導体の3つの種類

ビタミンCにほかの分子をくっつけて安定させたものが「ビタミンC誘導体」。

そのビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、最新型(水溶性・油溶性の両方の性質を持つもので、両親媒性とも言う)の3種類があります。それぞれの特徴は以下の通り。

水溶性 水となじみやすい性質をもったビタミンC誘導体。浸透が早くなじみが良いが、刺激が強く、肌が乾燥してしまうことがある。
油溶性 油となじみやすい性質をもったビタミンC誘導体。浸透はゆっくりだが、肌への刺激が少なく、乾燥しにくい。
最新型 水にも油にもなじむ性質があるので、さまざまな化粧品に配合でき、刺激が少ないのが特徴。浸透力はなんとビタミンCの100倍ともいわれている。

ビタミンC誘導体化粧水には、これらのいずれか、または2種類以上が配合されています。

ただし、化粧品成分表示名称には「水溶性ビタミンC誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」と書かれているわけではありません。成分表示欄には以下の成分名が書かれています。

はるこ
以下の化粧品成分表示名称によく登場する「アスコルビン酸」は、ビタミンCのことです。
水溶性ビタミンC誘導体の例
アスコルビルリン酸Na 安定型ビタミンC誘導体。医薬部外品美白有効成分。ニキビ予防効果もあり、皮膚科で最もよく処方される。
リン酸アスコルビルMg 安定型のビタミンC誘導体。医薬部外品美白有効成分。肌に浸透しやすい。クリームなどによく使われる。
アスコルビルグルコシド 安定型/持続型のビタミンC誘導体。医薬部外品美白有効成分。非常に安定性が高く、長時間持続する。
3-O-エチルアスコルビン酸 即効型/持続型のビタミンC誘導体。医薬部外品美白有効成分。即効性と持続性を併せ持つ。
油溶性ビタミンC誘導体の例
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 浸透型のビタミンC誘導体。優れた安定性を持ち、肌になじみやすく、しっとりした使用感。
最新型ビタミンC誘導体の例
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na 最新型/両親媒性ビタミンC誘導体。従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力がある。価格は高め。
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸 最新型/両親媒性ビタミンC誘導体。保湿成分のグリセリンと結びついているので保湿力がある。
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na 最新型/両親媒性ビタミンC誘導体。保湿力がある。安定性、浸透性が非常に高い。

参考:化粧品成分オンライン ビタミンC誘導体の解説とビタミンC誘導体一覧

アッキー
最新型のビタミンC誘導体は、水にも油にもなじみやすいから、水溶性と油溶性のいいとこ取りなんですね!

※肌の乾燥には注意

ビタミンCには皮脂を抑える働きがあるためニキビケアができるわけですが、乾燥肌の人がビタミンC誘導体化粧水を使うと、皮脂不足により肌が乾燥してしまうこともあります。

乾燥肌・敏感肌の人は保湿力のあるビタミンC誘導体化粧水を選ぶ、化粧水のあとに乳液や美容液、クリームなどで保湿ケアを行う、などを心がけましょう。

はるこ
ビタミンC誘導体化粧水を使って「肌が乾燥する」と感じたら、その後のお手入れを保湿重視のものに変えるといいですよ。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキング

ここからは、コスメジャーナル編集部おすすめのビタミンC誘導体化粧水を紹介します。

どの種類のビタミンC誘導体が入っているのか、そのほかにどんな美容成分が配合されているのか、成分が届きやすいように工夫されているかが見るべきポイントです。

QuSomeローション(ビーグレン)

ビーグレン QuSomeローション
出典:b.glen

商品詳細

  • ブランド名:ビーグレン(b.glen)
  • 商品名:QuSomeローション
  • 価格:5,500円(税込)
  • 内容量:120mL
  • 注目成分:ビタミンC誘導体、エクトイン、アラントイン

公式サイトはこちら

1位は、薬学博士が開発したサイエンスコスメ「ビーグレン」のQuSomeローション角層を整える複数のペプチドを配合し、理想の水分量を17時間キープしてなめらかな肌に導く高機能化粧水です。

ビタミンC誘導体やそのほかの美容成分が独自の浸透テクノロジー「QuSome®」によって角層のすみずみまで行き渡り、じっくり留まってアプローチします。

ビタミンC誘導体は、即効型/持続型水溶性ビタミンC誘導体3-O-エチルアスコルビン酸。

くすみのない透明感のある健やかな肌の土台を作りながら、化粧水後の美容液やクリームの成分が入りやすくします。特に、毛穴、乾燥、ハリが気になる人におすすめ

QuSomeローションを使った人の口コミ

とにかくうるおい感が長持ちするし、くすみが抜けて健康的になってきた感じ。ベタベタしない使い心地なのに、こんなにしっとりモチモチする化粧水は初めてです。(30代前半/乾燥肌)

アメリカのサイエンスコスメというのが気になって使ってみました。ブライトニングケアに欠かせないビタミンC誘導体が入っていて、透明感が出てきたかも。安くはないけど、コスパは良いと思います。(30代後半/混合肌)

公式サイトを見る

VC100エッセンスローションEX(ドクターシーラボ)

VC100エッセンスローションEX
出典:ドクターシーラボ

商品詳細

  • ブランド名:ドクターシーラボ
  • 商品名:VC100エッセンスローションEX
  • 価格:1,045円(税込)、5,170円(税込)、8,580円(税込)
  • 内容量:28mL、150mL、285mL
  • 注目成分:浸透型ビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、コラーゲン

公式サイトはこちら

2位は、ドクターズコスメ「ドクターシーラボ」のVC100エッセンスローションEX。販売数700万本突破の大人気ビタミンC化粧水 VC100エッセンスローションがリニューアルした、濃厚ビタミンC化粧水です。

美容液のようなとろみがあるのに、角層のすみずみまでしっかりと浸透して、うるおったなめらかな肌に導きます。

ビタミンC誘導体は、最新型/両親媒性ビタミンC誘導体のパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na。従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力があると言われている成分です。

さらにナイアシンアミドなどの美容成分がエイジングサインに多角的アプローチします。

VC100エッセンスローションEXを使った人の口コミ

 

年齢を重ねるにつれ乾燥が気になっていますが、この化粧水はさっと肌に浸透して、しっとりとうるおい、香りも良いので、とても満足しています。(40代前半/乾燥肌)

 

VC100を使い始めてから、肌が潤い、ハリがでて毛穴も引き締まるような感じがしています。毎日のお手入れに欠かせない化粧水です。(30代前半/混合肌)

公式サイトはこちら

薬用 アクネVCローションⅠ(エトヴォス)

薬用 アクネVCローションⅠ
出典:ETVOS

商品詳細

  • ブランド名:エトヴォス(ETVOS)
  • 商品名:薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】
  • 価格:4,180円(税込)
  • 内容量:150mL
  • 注目成分:進化型ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K

公式サイトはこちら

3位は、国産ミネラルファンデーションとセラミドスキンケアで有名なコスメブランドな「エトヴォス」の薬用 アクネVCローションⅠです。

有効成分として、即効性と持続性を兼ね備えたビタミンC誘導体「3-O-エチルアスコルビン酸」と、ニキビを防ぐ甘草エキス由来の「グリチルリチン酸2K」が配合されています。

ニキビを予防しながら日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白ケアができ、保湿成分ヒアルロン酸やリピジュア®配合で、ニキビ跡が気になる肌にもうるおいを与えて整えます。

界面活性剤、鉱物油、シリコン、着色料、香料、パラベン、アルコールは不使用です。

薬用 アクネVCローションⅠを使った人の口コミ

 

最初は水のようなテクスチャーに驚きましたが、すぐに肌に入っていきました。重ねてつけると手触りが柔らかくなるのもよくわかります。ニキビの赤みも、これをつけると沈静されるように感じました。

 

30代後半から生理前の大人ニキビに悩んでいました。VCローションは、つけた瞬間から肌が吸い込んでいく感じを実感し、使い続けるうちに肌のゆらぎも安定していきました。(30代後半/混合肌)

公式サイトはこちら

エンリッチ ローション(サイクルプラス)

エンリッチローション
出典:サイクルプラス

商品詳細

  • ブランド名:サイクルプラス
  • 商品名:エンリッチ ローション
  • 価格:3,080円(税込)
  • 内容量:80mL+パウダー(約1ヵ月分)
  • 注目成分:浸透型ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンE誘導体、EGF/FGF様ペプチド

公式サイトはこちら

4位は、高保湿スキンケア「サイクルプラス」の100倍浸透ビタミンC誘導体化粧水エンリッチローションです。珍しい2剤式化粧水で、パウダーとローションに分かれています。

パウダーのほうに最新型ビタミンC誘導体パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naが入っており、使用前にローションと混ぜることで、新鮮な状態で肌に届けることが可能です。

ビタミンC誘導体化粧水とともに、その働きを高める水溶性ビタミンE誘導体(TPNa®)や、EGF/FGF様ペプチドなどが贅沢に配合されており、美容液レベルの濃密さ。

ハリ不足や古い角質によるくすみ、乾燥、肌荒れなどの悩みにアプローチします。

エンリッチ ローションを使った人の口コミ

 

たっぷり使って最後に押さえ込むと、スーっと入って手が吸い付きます。朝の弾力とハリが違います。(40代)

 

エンリッチ ローションを使い始めてすぐに、ほほの毛穴が気にならなくなりました。この状態をキープしたくて、使い続けています。(50代)

公式サイトはこちら

プラチナVCローション(イデアアクト)

イデアアクト プラチナVCローション
出典:SIBODY

商品詳細

  • ブランド名:イデアアクト
  • 商品名:プラチナVCローション
  • 価格:4,180円(税込)
  • 内容量:100mL
  • 注目成分:浸透型ビタミンC誘導体、新安定型ハイドロキノン、プラセンタエキス、アルブチン

公式サイトはこちら

5位は、美容家にも愛用者が多いイデアアクトのプラチナVCローション

ビタミンCの200倍もの効果を発揮するビタミンC誘導体をはじめ、安定性の高いハイドロキノン、プラセンタエキス、アルブチンが紫外線によるダメージに働きます。

ビタミンC誘導体は、最新型(両親媒性)のイソステアリルアスコルビルリン酸2Na。

目に見えているトラブルサインや紫外線からのダメージだけでなく、肌の奥に潜む透明感を阻害するプロセスそのものに着目し、シミが表面化する前に先手を打ってくれるので、予防にも最適です。

くすみの原因となっている老化コラーゲンにアプローチする先進ペプチド「TGP」が配合されており、「透明感」「ハリ」「弾力」のある肌へ導いてくれます。

プラチナVCローションを使った人の口コミ

 

化粧水を朝晩2日使っただけで肌が別人のように滑らかに! 毛穴がどこにあるのかな?と思うほど肌のざらざらとでこぼこを感じなくなりました。時間が経ってもうるおいを感じます。(30代前半)

 

毛穴の黒ずみが気になっているので、ビタミンC誘導体とハイドロキノンの入っている化粧水は期待大です。使用感はさっぱりなのに、肌が潤っていい感じです。(20代後半)

公式サイトはこちら

プチプラでも優秀なビタミンC誘導体化粧水

プチプラの化粧水にもビタミンC誘導体を配合したものがあります。ドラッグストアなどで手軽に購入できるので、初めてビタミンC誘導体化粧水を使う人も試しやすいです。

美白化粧水 W(ちふれ)

ちふれ美白化粧水
出典:ちふれ

商品詳細

  • ブランド名:ちふれ
  • 商品名:美白化粧水 W【医薬部外品】
  • 価格:1,210円(税込)/詰替用 1,100円(税込)
  • 内容量:180mL
  • 有効成分:アルブチン、ビタミンC誘導体

公式サイトはこちら

ちふれの美白化粧水Wは、プチプラながら、美白有効成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体のダブル配合で、メラニンの生成をおさえシミ・そばかすを防ぐ薬用化粧水です。

ビタミンC誘導体は、水溶性のアスコルビルグルコシド(L−アスコルビン酸2−グルコシド)で、酸化に強く、皮膚内で徐々に分解されるため、持続性が高い性質があります。

保湿成分としてBG、濃グリセリン、トレハロース液、ヒアルロン酸Naなどが配合されており、たっぷりとうるおいを与えつつ肌のキメを整えます

無香料・無着色・アルコールフリー。全成分開示で敏感肌さんにも使いやすい処方です。(ちふれは1978年頃から0.01%単位まで全成分を表示しています)

使った人の口コミ

美白効果を期待して使用しています。私はやや敏感肌ですがピリピリすることもなく、プチプラなのでたっぷり使えるのが魅力です。コスパが良いので、引き続きリピート利用したいと思います。(30代後半/敏感肌)

スキンケアに時間やお金はあまりかけられないけれど、潤い+美白がしたくて、ちふれの赤の化粧水を購入。1本使い切って気に入り、リピートしています。潤いケアと美白ケアが同時にできて、年齢より肌が綺麗と言われるようになりました。(20代前半/乾燥肌)

公式サイトを見る

ぷるっとしずく化粧水C(素肌しずく)

素肌しずく ぷるっとしずく化粧水C
出典:素肌しずく

商品詳細

  • ブランド名:素肌しずく(アサヒグループ食品)
  • 商品名:ぷるっとしずく化粧水C
  • 価格:1,078円(税込)
  • 内容量:200mL

公式サイトはこちら

ぷるっとしずく化粧水Cは、素肌しずくのエイジングケア 保湿ラインの化粧水です。

保湿型ビタミンC、浸透型ビタミンC、3種のヒアルロン酸、2種のコラーゲン、セラミドなど14種類の美容液成分でうるおいをサポートし、ぷるっとうるおった肌へ導きます。

水溶性ビタミンC誘導体のグリセリルアスコルビン酸と、最新型ビタミンC誘導体のパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の両方が配合されているのが特徴です。

美容液成分を抱え込んだぷるっとしずくは、逆さにしても落ちないほど弾力があります。肌にのばすとしずくが弾けて美容液成分を放出、濃密なヴェールでうるおいを保ち、乾燥などの刺激から肌を守ってくれる化粧水です。

使った人の口コミ

 

ぷるっとしたジェル状のテクスチャーです。とろみ系化粧水が苦手な人には合わないかもしれませんが、浸透がよく、しっかり保湿できるので気に入っています。(20代前半/普通肌)

 

素肌しずくはプラセンタの化粧水のほうが人気のようですが、ビタミンC誘導体に惹かれてこちらを購入。つけてすぐは少しベタベタしますが浸透すると肌がもっちりします。毛穴が目立ちにくくなったように感じます。(20代後半/混合肌)

公式サイトはこちら

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(無印良品)

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(無印良品)
出典:無印良品

商品詳細

  • ブランド名:無印良品
  • 商品名:敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ【医薬部外品】
  • 価格:1,290円(税込)
  • 内容量:200mL
  • 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K

公式サイトはこちら

無印良品の敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプは、美白有効成分ビタミンC誘導体が配合されており、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ薬用化粧水です。

配合されているビタミンC誘導体は、ビタミンC・2-グルコシドで、酸化に強く、持続性が高い性質があります。

うるおい成分のセラミドや、アンズ果汁・グレープフルーツエキス、保湿・抗炎症・抗菌作用のあるスベリヒユエキスも配合されているので、しっとりしたうるおいを与え、透明感のあるしっとり肌に導きます。

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで敏感肌の人も試しやすい化粧水です。

使った人の口コミ

無印で化粧品を買うのは初めてだったのですが、コスパも使い心地もよくてビックリ。通年たっぷり使うのに最適なのでリピートしています。(30代前半/混合肌)

美白化粧水は肌に合わないものが多いのですが、無印のこの化粧水は大丈夫でした。肌のキメが整ってきたのと、顔の色ムラが目立たなくなってきたのが嬉しいです。(20代後半/乾燥肌)

公式サイトはこちら

透明白肌 ホワイトローション(石澤研究所)

透明白肌 ホワイトローション
出典:石澤研究所

商品詳細

  • ブランド名:透明白肌(石澤研究所)
  • 商品名:ホワイトローション
  • 価格:1,320円(税込)
  • 内容量:400mL
  • 注目の成分:ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸

公式サイトはこちら

石澤研究所の透明白肌 ホワイトローションは、速攻型ビタミンC誘導体とぷるぷる透明肌成分(豆乳発酵液、植物プラセンタ、コラーゲン)を配合した化粧水です。

水溶性ビタミンC誘導体3-O-エチルアスコルビン酸と、油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの両方が配合されており、透明感のある肌に導きます。

ビタミンC誘導体化粧水は乾燥しがちですが、保湿成分のグリセリンやヒアルロン酸が配合されており、うるおいチャージが可能。たっぷり400mL入りで1,320円とプチプラなので毎日のスキンケアに惜しみなく使えます。

使った人の口コミ

 

大容量でコスパがいいのでたっぷり使えます。ビタミンC誘導体が入ってますが、特に刺激は感じません。使っているうちに肌がモチモチになり、明るくなってきました。(20代後半/乾燥肌)

 

保湿力が高めなので夏場はちょっとペタペタしますが、ビタミンC誘導体配合なのでシミ予防のために使っています。(20代前半/混合肌)

公式サイトはこちら

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水(ロート製薬)

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水
出典:ロート製薬

商品詳細

  • ブランド名:メラノCC(ロート製薬)
  • 商品名:薬用しみ対策 美白化粧水【医薬部外品】
  • 価格:900円(税込) ※編集部調べ
  • 内容量:170mL
  • 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム

公式サイトはこちら

メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水は、ロート製薬の薬用美白化粧水です。さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があります。

プチプラ化粧水ながらも、高浸透ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸ジカリウムのダブル有効成分配合で、日焼けによるシミやニキビ跡が気になる肌におすすめ

ビタミンC誘導体化粧水の種類は、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)で、安定性に優れ、即効性と持続性を併せ持つのが特徴です。反面、その還元作用の強さから、刺激を感じたり、赤みが出たりする場合があります。

肌に合えばプチプラながら優秀な化粧水ですが、保湿成分が少なめで乾燥しやすいので、乾燥肌さんは高保湿タイプの乳液や美容液などを重ねて使うと良いでしょう。

使った人の口コミ

プチプラなのでたっぷり使えるのが嬉しい。ニキビ跡が残りにくくなったしニキビも前よりできにくくなった気がします。(20代前半/混合肌)

柑橘系の香りでさっぱりとした使い心地です。ちょっとうるおい感が物足りないかなって思ったので、2本目はしっとりタイプにしたらいい感じ。肌のトーンが明るくなってきました。(30代前半/乾燥肌)

公式サイトはこちら

ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方

ビタミンC誘導体化粧水の効果をより高められる正しい使い方を解説します。

基本は洗顔後にたっぷり使う

まず洗顔をして顔全体を清潔にしてから、ビタミンC誘導体化粧水を使います。

普段通り、クレンジング・洗顔をしたあとに、たっぷりと顔に化粧水をつけていきましょう。手のひら全体を使って肌に入れ込むイメージで行うと、より効果的です。

特に、お風呂上りの毛穴が開いている状態だとより角層の奥深くに浸透してくれます。

ビタミンC誘導体化粧水を使用したあとには乳液や保湿クリームなどを重ねて、うるおいが逃げることを防いでください。

週に1~2回ローションパックする

 

スペシャルケアとして、週に1~2回程度、ビタミンC誘導体化粧水をコットンやフェイスシートにたっぷりとしみ込ませて、ローションパックをするのもおすすめです。特に、紫外線を浴びてしまった日のナイトケアに◎

化粧水をしみ込ませたローションパックは、美容液成分の入った市販のパック(マスク)より乾燥しやすいので、長く肌に置きすぎると逆に水分がコットンやシートに戻ってしまいます。3~5分ほどで剥がすようにしましょう。

また、パックをするときに、パンパン叩いたり、無理にこすったりして肌に刺激を与えてしまうのはNGです。

はるこ
化粧水をしみ込ませたコットンやフェイスシートは、長く置けば置くほど効果がある…わけじゃないですから!

まとめ:化粧水+αのスキンケアでより実感を

毛穴やニキビ・ニキビ跡の悩み、美白ケア、エイジングケアなど、マルチに働いてくれるおすすめの成分、ビタミンC

この記事では、ビタミンCに期待できるさまざまな効果とビタミンC誘導体の種類を解説して、編集部おすすめのビタミンC誘導体化粧水をランキング形式で紹介しました。

>> ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキングをもう一度見る!

ビタミンC誘導体化粧水は皮脂を抑える働きにより肌が乾燥しやすくなるので、乾燥肌さんは、保湿成分も配合されているものを使ったり、乳液や美容液を重ねたりして、保湿ケアを心がけましょう。

ビタミンC誘導体化粧水を使うときには、毛穴・ニキビなどの悩みごとにプラスアルファのスキンケアを取り入れると、より実感を得やすくなります。

コスメジャーナルには以下のような記事もあるので、参考にしてみてくださいね。

■毛穴の悩みなら…
小鼻の角栓や黒ずみ毛穴の原因と対策3選|やってはいけない角栓除去行為とは?

小鼻の角栓や黒ずみ毛穴の原因と対策3選|やってはいけない角栓除去行為とは?

■ニキビの悩みなら…
→混合肌のニキビ対策、もう悩まない!正しいスキンケアとおすすめ化粧品

混合肌のニキビ対策、もう悩まない!正しいスキンケアとおすすめ化粧品

■美白ケアしたいなら…
→美白美容液おすすめランキングTOP5!自分に最適なシミ対策美容液選び

美白美容液おすすめランキングTOP5 自分に最適なシミ対策美容液選び

■エイジングケアしたいなら…
→エイジングケア美容液ランキング 成分と効果で選ぶおすすめ&プチプラ12選

エイジングケア美容液ランキング 成分と効果で選ぶおすすめ&プチプラ12選

理想の美肌に近づくためは、毎日のスキンケアケアが大切です。ビタミンC誘導体化粧水や悩みに応じた化粧品を使い、じっくり肌と向き合ってお手入れをしていきましょう。

>> ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキングをもう一度チェック!

 

feature

特集記事